KEEP LEFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国とフランスの旅10日目と11日目 日本へ、未来へ

朝から荷支度。
飛行機は13時50分発の便だ。
シャルルドゴールでお土産を買うために早めにチェックアウト。


社会人になって思うが、お土産って大変だ。
休みをもらっているのという考えに基づけば、お土産を買っていかないと悪者扱いされる気がするのは私だけなのだろうか?


北駅からシャルルドゴールへ。
案の定、チェックインカウンターは大混雑。
フランス人に中国系の飛行機会社。
これは最強の組み合わせだと思う。

DSCN2692.jpg



シャルルドゴールでラデュレのマカロンやチョコを買い込んだ。
とにかく免税店のブランド物が安い安い。
危うく衝動買いをしそうになったが、冷静になり堪える。


さっさと飛行機に乗り、上海へ。
運良く隣の席は空席だった。
長距離移動でとなりが空席だとどんなに楽か。
本当に最後の最後で助かった気がした。


そのまま11時間のフライトを経て上海に朝の7時に到着。
そこから乗り換えて成田へ。

こんなに長いと思ったフライトは身体が疲れていたのか、日本にある現実に戻りたくないという拒絶反応なのかはわからない。
とにかくこんなにしんどいとは思わなかった。


終わり。




このブログで旅した記録を殴り書きに書いている。
今回の旅の前はどこに行っていたのだろうと、昔の記事を見てみると、2年前にフランスに行ったのが最後。
間に何もなく再びフランスに。
しかも今回は自分の意思ではなく、ゆっきー氏とジョジョ氏の結婚式のための旅でもある。

そう思うと、自分の意思で旅に出ていない自分に愕然としてしまった。


今回の旅で私の人生の価値観に大きな影響を与える出来事や人との出会いがあったと思う。
何が大きかったというのは、日本に長く住んでしまったことで、自分の考え方や価値感がとても狭くなってしまったと痛感したからだ。強いて言ううのなら、自分の物差しがあまりにも短く、自分の意思だと思って生きている事が全て日本という狭い社会の中でのスケールに過ぎなかったことにショックを受けた。
それは色々な人の話をしていてわかったのだが、私は会話で社会的な視点、つまり今の自分がいる立場から話をしていた。
自分という人間本来の姿ではなく、日本の社会の属人の一員としての自分で人と接していた。
でも、日本社会の人間じゃない人と接していると、徐々に日本社会のまといが剥がれ、本来の自分が姿を現し、とても自然体の自分がいることに気がついた。

学生の時はこんな事はなかったのだが、日本社会で6年も過ごしていると、無意識に本来の自分を心の奥底に押し閉じ込めてしまっている事がわかった。
これは自分では気づくことが出来なくて、ましてや同じ日本社会の人間と接していても、こんなことを気づかせてもらえるわけがない。

だから私はこの旅を通して本来の自分の気持ち、本来の姿に触れられたと思う。
これは自分の意思ではなく、ゆっきー氏とジョジョ氏の結婚式に参列させてもらったこと、そしてたくさんの人との出会いで私は自分では引き出せなかったであろう本来の自分を引き出してもらうことが出来た。


そんな11日間の旅だった。


最後に、
ゆっきー氏とジョジョ氏、改めてご結婚おめでとうございます。

スポンサーサイト

中国とフランスの旅9日目 別れ

式から一夜明け、朝はゆっくりした。
日本へのお土産を買うためにスーパーマーケットにいった。

違う国のスーパーマーケットはとても楽しい。日用品から食料品まで様々なモノが新しい発見だからだ。
たっぷりと日本へのお土産を買い、お食事会へ。

DSCN2679.jpg

DSCN2681.jpg


皆昨日の疲れが溜まっていたので、ゆったりとしたランチでした。

DSCN2684.jpg


DSCN2685.jpg

DSCN2687.jpg


がっつりデザートまで出て、お腹いっぱいに。


ランチ後、一度ヤン氏の家に戻り荷支度をし、アルカション駅へ。
パリのモンパルナス直通のTGVに乗り込みゆっきー氏、ジョジョ氏、ヤン氏、その家族、ジョジョ氏の家族一同とお別れをした。
いつも思うが別れは本当に寂しいと思う。一緒に過ごせる短いその時間がわかってても、とても寂しい。
短い時間だけど、一緒に過ごせた時間は一生の思い出。

そんな気持ちを見せないように笑顔でお別れ。赤い屋根の街で過ごした時間は一生忘れない。


パリに着いたのは、夜の22時過ぎ。
モンマルトルのホステルに戻ると、日本人がいた。
ビールを飲みながら話をしてたら、スロベニア人に絡まれ、そして香港人も混ざる。
そして、大阪大学に留学しているマレーシア人とロンドンに留学している日本人も混ざり、もう収拾がつかなくなったいたところで、部屋に戻った。

旅の最後の夜、これもまた楽しかった。

ちなみに、この日はサマータイムの切り替え日でもあった。


続く。

中国とフランスの旅8日目 結婚式

今回の旅のメインイベントであるゆっきー氏とジョジョ氏の結婚式。
そんな当日なのに朝からまったり。

ジョジョ氏とヤン氏は朝からゲーム。
のんびりしてます。

DSCN2532.jpg

DSCN2533.jpg


昼にヤン氏がチキンをまるごと焼き上げました。味付けはチキンの中ににんにくを入れただけ。

DSCN2535.jpg

DSCN2546.jpg

DSCN2547.jpg


これは腰骨?wish boneと言うらしく、二人で片方ずつ持ち、願い事をしながら骨を引っ張る。骨の根元の方を取った方が、その願いがかなうとの事。
ヤン氏の子供の頃から伝わる遊びらしい。

DSCN2537.jpg


これはデブ猫。

DSCN2556.jpg

DSCN2559.jpg


やっと支度が始まる。

DSCN2575.jpg



式は市役所?でおこなわれた。
市長の前で新郎新婦が婚姻届にサインをして、両者の後見人もそこにサインをする。それで結婚が成立する。

DSCN2590.jpg


日本の結婚式と比べて、かなりアットホームで形式化されてないから、とても暖かい結婚式だった。
何も気を使う事なく、心から二人を祝福できた。

DSCN2603.jpg

DSCN2617.jpg


このあとレストランへ移動しパーティーが始まる。

DSCN2634.jpg

DSCN2670.jpg


DSCN2655.jpg
DSCN2656.jpg

DSCN2657.jpg

DSCN2658.jpg

DSCN2662.jpg

DSCN2663.jpg


新郎新婦が踊る。

DSCN2665.jpg


そして、みんな踊り出す。

パーティは深夜までおこなわれた。

夕方の16時頃から深夜の1時過ぎまで会場にいて、二人の結婚を祝福した。


ゆっきー氏、ジョジョ氏、結婚おめでとう!


続く。

中国とフランスの旅7日目 ピラ砂丘

午前中はゆっくりと寝てた。
昼過ぎにみんなで食事をレストランでとった。

ジョジョ氏のおじさんや友人、あと日本から来たゆっきー氏の親戚の方や友人の方々と合流した。

DSCN2491.jpg


そのあとアルカションの名所であるピラ砂丘へ。

DSCN2497.jpg


ここはヨーロッパ最大の砂丘だ。
この向こう側には大西洋がある。
2年ぶりの大西洋。

DSCN2500.jpg

DSCN2502.jpg


天気はとてもいいが、風がとても強い。
前に来た時も風が強かった。

DSCN2504.jpg

DSCN2505.jpg

DSCN2506.jpg

DSCN2508.jpg


髪も服もカバンも砂まみれになった。
でもこの場所は好きだ。理由は無いけど。

このあと、アルカションの街を眺め、ジョジョ氏の実家でお食事会。

DSCN2509.jpg

DSCN2510.jpg

DSCN2513.jpg


盛大におもてなししてもらった。
久しぶりにレユニオン出身のお兄さんと再会。
フォアグラのさばき方を教わる。

DSCN2516.jpg

DSCN2518.jpg

DSCN2523.jpg

DSCN2522.jpg


このあとヤン氏宅に戻った。
ジョジョ氏は独身最後の夜なので友人と夜中まで飲んでいたらしい。
フランスでは新郎と新婦は前日の夜は別々に過ごし、最後の独身の夜を友人と飲み明かすらしい。

本当は最後までジョジョ氏とお付き合いしたかったが、旅の疲れが溜まっていたので、遠慮させてもらった。

そんなゆっきー氏とジョジョのウェディング前日。

続く。

中国とフランスの旅6日目 アルカションへ

朝はゆっくりとネットをしてたり、写真の整理とかをしてた。

昼にモンパルナス駅に向かう。
もうパリのメトロは完璧に乗りこなせている。それともパリの街に慣れたのか。

DSCN2478.jpg

DSCN2480.jpg


久しぶり乗るTGV。
そして久しぶりのアルカション。

DSCN2481.jpg


ボルドーでローカル線に乗り換える。

DSCN2482.jpg


向かう地はLa Teste。
2年ぶりだ。
まさかもう一度この地に来るとは思わなかった。

駅でジョジョ氏に迎えに来てもらう。
約1年ぶりかな。日本で会った以来だ。

ジョジョ氏に連れられて宿泊先のヤン氏宅へ。
久しぶりのアルカション、久しぶりの再会。

DSCN2487.jpg


続く。

中国とフランスの旅 5日目 青い瞳

パリ2日目。
ぐっすり寝れた。上海から比べてかなり体調が良くなった。

少しホステルのルームメイトの話をする。
4人部屋のドミトリーだった。1人はカナダ出身ロンドン在住の女性。「日本人は働き過ぎ。クレイジー。しかも休みが短過ぎる」と一刀両断。
俺だってもっと休みたいよ。
あとの二人はブラジル人。海外でブラジル人に会うのは珍しいと思った。片割れはいつも挨拶が、「hey men」だ。ぶっきら棒ながら、憎めないやつだ。
もう1人のブラジル人はラッシュ時の東京の地下鉄がクレイジーだと言っていた。駅員が乗客を押しまくる映像がとても好きだと言っていた。
そんな彼らはブラジルにくるように勧めてきた。シュラスコは美味いし、リオのビーチは最高だと言っていた。
そんなブラジルに行きたくなった。
今回の旅は本当に面白い出会いが多い。今までに無い経験だ。これも何かの縁だと勝手ながら思っている。

パリ観光の続きにいこう。
買ったメトロの回数券使い、朝一でルーブル美術館へ。地下から入った。
ピラミッドがかっこいい。

DSCN2404.jpg

DSCN2401.jpg

DSCN2405.jpg

DSCN2402.jpg


ルーブル美術館は地下からの入り口が3つある。その一つから適当に入った。入った所は昔の石像が多かった。そこで、まさかハムラビ法典に出会うとは思わなかった。目には目を。

DSCN2406.jpg

DSCN2407.jpg


とにかくルーブル美術館は広い。速足で見回って4時間ぐらいかかった。しかも美術や芸術の知識が無いので、たくさんの名画、名作をスルーしていたと思う。

DSCN2410.jpg

DSCN2409.jpg


ぷらぷらしてたらモナリザさん。


DSCN2412.jpg


モナリザを見ているのか人の頭を見ているかがわからないぐらいに人が多かった。でも何故か鳥肌が立った。絵を見て鳥肌が立つのは初めての経験だ。

その他には教科書で見た有名な絵がずらり。ナポレオンの即位も鳥肌が立つぐらい素晴らしい絵だった。とても巨大。

DSCN2421.jpg

DSCN2422.jpg


DSCN2416.jpg


とにかく膨大な量の絵画や石像があった。しかもほとんどが宗教を題材にしている絵が多かったので、絵の背景にある宗教的要素が全くわからないでの、己れの無知を思い知った。

数あるルーブル美術館の絵画で1番心惹かれたのは、この青い瞳の少女の絵だ。
トーマスローレンスというイギリスの画家が書いた絵だ。

DSCN2417.jpg


この虚ろな青い瞳に心を惹かれた。
自分の中で1番好きな絵画だ。

DSCN2418.jpg

DSCN2419.jpg


このあとセーヌ川を渡ってオルセー美術館へ。
昼食は外の売店で売っているサンドウィッチを食べた。フランスパンで作ったあるサンドウィッチなので、顎が死にかけた。

DSCN2432.jpg

DSCN2433.jpg


ここは写真撮影が禁止だった。

DSCN2434.jpg


初めてのゴッホ。あの色使いは狂気だと思った。あんまり好きになれない。
やはりわかりやすくて日本人好みなのはモネだろう。
絵画の知識が無くても非常に楽しめたし、好きになれた。もっとモネの事を知りたいと思った。
なんだ前持って予習して置かなかったのだろうと後悔。

オルセー美術館を出たのが夕方だった。再び観光バスに乗りパリの市内へ。
DSCN2440.jpg


UNIQLOがパリにあるとは思わなかった。
街をぷらぷらしてたら、ふとセーヌ川の水上バスに乗りたくなった。
再び観光バスに乗り込んでエッフェル塔の近くにあるバトームッシュ乗り場へ。

DSCN2444.jpg

DSCN2458.jpg


ゆったりと水上から眺めるパリの街も良かった。ただ、寒かった。

DSCN2457.jpg

DSCN2464.jpg

DSCN2465.jpg

DSCN2466.jpg


やっぱりエッフェル塔が1番だ。


夜はお土産を買いにエティエンヌマルセル通り付近にあるストレーというお菓子屋さんでお土産を買い込む。チョコが美味かった。

夜飯は地球の歩き方にも書いてあるエティエンヌマルセル通り沿いにあるピエロと言うレストランに入った。

DSCN2477.jpg

DSCN2470.jpg

前菜はサーモンと山羊のチーズのサラダ。

DSCN2471.jpg

DSCN2473.jpg


メインは牛肉のタルタルステーキ。

とても美味しかった。

DSCN2474.jpg


店員さんも陽気でふざけてた。

これがパリを楽しめる最後の日になるだろうと思い、朝から夜までパリを堪能した。

この2日間でパリの主要観光地を回ったが、正直まだまだ見たり足りない。
日本人が何故フランスが好きになり、パリと言う街に憧れるのかが、なんとなくわかった気がした。


続く。

中国とフランスの旅 4日目 エッフェル塔

朝の6時にパリのシャルル・ドゴール空港に着いた。2度目のフランスだ。

フライトが長かったので隣の席の中国人とかなり仲良くなった。固い握手でお別れをした。

電車でパリ市内のホステルへと向かう。
英語表記が無いからまったくわからない。電車のアナウンスも無い。
この国は本当に不親切な国だと痛感した。

なんだかんだして朝の8時前にホステルに着いた。
village hostelというモンマルトルの丘の近くにあるホステルだ。
http://www.villagehostel.fr/

DSCN2400.jpg

DSCN2398.jpg


モンマルトルは映画のアメリの舞台の街。そして、エリックサティが住んでいた街。
今も数多くの芸術家が住む街。
そんな街をあえて選んだ。
あと、日本人が全くいない事も期待して選んだ。
案の定全く日本人はいなかった。

脱線するが、こうゆうひとり旅は価値観と見識を広げるためでもあるから、なるべく日本人と会いたくないのである。それは日本人がいると、どうしても日本人と話してしまうからだ。
別に日本人の人と話をしても十分価値観や見識を広げられるが、せっかくの海外なので、たくさんの人種の人たちと話をしたい。
そうゆう考えがあるので、極力日本人がいなさそうなホステルやゲストハウスを選ぶ。
ただ単に日本語のサイトがない所から宿泊先を決めてるだけだけど。
話を戻す。

朝食を取るためにモンマルトルのカフェへ。ギャルソンへのチップを払わねばならない事をすっかり忘れてた。
どうりでお釣りをくれなかったわけだ。

DSCN2332.jpg


モンマルトルのサクレクール寺院だ。
ここからパリ市内を一望できる。素晴らしい天気、そして素晴らしい眺め。
本当はのんびりと座って景色を眺めたかったが、数々の観光地を見回るためにもここで時間を割く訳にもいかなかった。

DSCN2335.jpg


テアトル広場。
絵描きに絡まれまくった。日本人はカモネギ。中国と変わらない。
アメリが働いてた喫茶店に行きたかったが、後回しにしたせいで、結局最後まで行けなかった。

DSCN2336.jpg


メトロに乗り、まずは凱旋門から。

DSCN2340.jpg

DSCN2342.jpg

DSCN2346.jpg


なぜここに1番先に来たのかわからないが、ここから2階建ての市内観光バスに乗ったことによって、一気にパリの観光が楽になり、楽しくなった。

DSCN2379.jpg

DSCN2388.jpg

DSCN2350.jpg


このバスはパリの主要観光地に停留所があり、イヤホンがもらえて日本語のガイド付きだ。しかも2日間乗り降り自由だ。

凱旋門の次はエッフェル塔へ。

DSCN2357.jpg

DSCN2360.jpg

DSCN2368.jpg


もう100年以上前に建設されているのになんて近代的なタワーなんだろうと思った。しかも街並みに自然と調和している。
私はこのエッフェル塔が大好きになった。

DSCN2376.jpg



もちろん、頂上まで登った。
聞くほどそんなに待たなかった。

DSCN2374.jpg


エッフェル塔の頂上からパリ市内を一望出来る。
素晴らしい天気と素晴らしい眺めだ。

DSCN2369.jpg

DSCN2371.jpg


エッフェル塔で大分時間を潰した。
このあと、ルーブル美術館で観光バスを降りたが、ルーブル美術館は休館日だった。

DSCN2380.jpg


再びバスに乗り、ノートルダム大聖堂へ。

DSCN2394.jpg



とにかく人が多かったし、大聖堂の中もそんなに見るものが無かった。

DSCN2393.jpg

DSCN2390.jpg


ノートルダム大聖堂へ行った後、モンパルナスへTGVの切符を買いに行った。
相変わらず接客が遅いので、切符売り場は大行列。

無事に切符を買い、モンマルトルの宿へ戻った。
近所のイタリアンレストランで食事を取り、スーパーで水を買う。

とにかく上海からのフライトも込みでほとんど寝ていなかったので、この日は22時前に爆睡してしまった。


続く。

中国とフランスの旅3日目 外灘の夜景

3日目。体調は良く無い。
朝からドミトリーで同じ部屋の日本人S氏に「小籠包食べた?」と聞かれ、もちろん食べてないと答えた。
「じゃあ、美味しい所連れて行ってあげる」と、ユースホステルから少し歩いた所の食堂へ。

「食べ物の当たりハズレが大きい。値段が高いから美味しいわけじゃないから、上海は難しいよ。好みの味を見つけるのが。でもここの小籠包はとても美味しい」
確かに美味しかった。これで150円だから。

DSCN2275.jpg


宿に戻り、S氏の引っ越しを手伝うことに。このユースホステルから違うユースホステルへ引っ越すみたいだ。
S氏の荷物は大きなカバン4個だけ。
「荷物が少ないのは楽だよ。何にも要らないから」
そんなS氏の言葉には深い意味がらたくさん込められてたと思う。

タクシーで荷物を運び、人民広場近くにあるユースホステルへ。
なんて言うユースホステルか忘れてしまった。

DSCN2280.jpg

DSCN2283.jpg

DSCN2285.jpg


S氏と別れ、フランス租界があるエリアへ。
街並みは中国っぽくない。他には特に何もなかった。
しんどいので、一度宿に戻った。

DSCN2287.jpg

DSCN2291.jpg



飛行機のフライトは23時50分だから、それまで時間があったから外灘の夜景を見に行った。

DSCN2306.jpg


外灘も上海の主要観光スポットである。ここから浦東の夜景はとても綺麗だった。

こんなに夜景が綺麗ならタワーに登りたくなったが、夜の飯の事と夜の飛行機の事を考えて断念。

DSCN2312.jpg


帰り道、S氏に教わった美味しいという食堂へ。

DSCN2317.jpg


麻婆豆腐を食べた。
これで120円。

DSCN2318.jpg


安い。


でもこれじゃ足りないので屋台に出てるチャーハンも食べた。
2日連続で足を運んだから、店の主から顔を覚えられてた。

DSCN2319.jpg


手際良くチャーハンを作っていく。
油をひいて肉を投入。卵を投入して野菜を炒め、米を最後にいれる。

DSCN2321.jpg


火力が強いのでパラパラでスパイシーなチャーハンだ。
とても美味しい。

DSCN2322.jpg


これで150円。
衛生面では気になる所が多いが、美味しいし、食あたりにならなかったから全然大丈夫。


このあと空港へ。
23時50分の便でパリへと向かう。

DSCN2325.jpg

DSCN2328.jpg


隣の席の中国人に絡まれて、ほとんど暇をせずにパリへのフライトを楽しめた。


続く。

Top

HOME

DM

  • Author:DM
  • 社会人6年生。
    働きながらバンドをやってます。
    生きた日々の軌跡です。

ボルドーの旅行情報
ボルドーの旅行情報>

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。