KEEP LEFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電について

原子力発電所について自分なりに調べた。


今東京電力内で計画停電が実施されいてるが、どうして今電力が足りていないのかを書いていく。


その事を語る前に、ベストミックスという言葉について。

電力・エネルギ-の分野では、各電源を最適なバランスで組み合わせていくという意味で使用されている。
ベストミックスは、火力発電、水力発電、原子力発電などの各供給電源の特徴を生かし、その時々需要状況に適切に対応できるような電源の組み合わせを追求することである。
二酸化炭素などの温室効果ガスの大量排出による地球温暖化問題や化石燃料入手の不安定性もあり、化石燃料を出来る限り燃やさない方法で必要な量の電気を生産し、安定な供給ができるにはベストミックスが重要である。


引用元


原子力発電所はベース供給として安定的に電力を供給している。
電力は蓄電できないので、常に需要と供給をマッチングさせている。
それが電力会社の主な仕事だ。


この需要と供給のがミスマッチすると電力は全てショートしてしまい、東電がいつも言っている突然の大規模停電が起こってしまうわけだ。


今の状況は供給がまったく足りてないため、需要を抑えるようにみんなが一丸となって節電をしている。


供給が足りなくなっているのは、福島の原子力発電所が止まっているから。



その足りない部分の電力を火力発電と水力発電で補っている。
CO2をガンガン出しながら火力発電をフル稼働。

水力発電は雨量とかの関係があるので、たいした供給が出来ていない。



やはり今の電力需要を賄うのは、原子力力以外の発電方法がないのが現状だと思う。


代替エネルギーとかで風力や太陽光発電が言われているが、発電が安定していないのでベース供給をするエネルギーには代わり得ない。


世界の流れから考えると、間違いなく原子力反対運動の大嵐になるだろう。
でも、この電力需要をどう補うのかが、とてもむずかしくて、国家も電力会社も難しい舵取りを要するだろう。


CO2をガンガン出して火力発電に頼るのか?
ロシアと中国と領土争いして天然ガスを掘り出すのか?
各家庭に太陽光発電を導入して夜間だけに電力会社が供給するのか?
蓄電という新技術を開発するか?

それとも、この大量消費社会を根底から見直すか。


2011年始まってからの大きなテーマになりますね。
この先10年は本当の意味でエネルギーと人間の生活が変わる10年になると思います。




電力供給についてはこのサイトがわかりやすいです

« 計画停電|Top|麺屋武蔵 神山 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jawithjas.blog18.fc2.com/tb.php/1032-f04f4417

Top

HOME

DM

  • Author:DM
  • 社会人6年生。
    働きながらバンドをやってます。
    生きた日々の軌跡です。

ボルドーの旅行情報
ボルドーの旅行情報>

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。