KEEP LEFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィス街における弁当市場について

日曜日です。
今日は秋葉原にいます。

家にあったPS2のゲームをソフマップに売りに来ました。
原価はものすごい高いのに、売却したらえらい値段になりました。
これは売らない方がいいというレベルだが、持ってても仕方ないないので、平等院数枚と交換してきました。

あと勝ってながら友人のブログをリンクに追加しました。
yucknの日記


全然前書きと関係ないですが、今日はオフィス街における弁当市場について書きます。

>>ブログランキングへ
>>こっちは何位?

ブログの相互リンク募集中!
左下にあるメールフォームでメッセージか、コメント欄に相互リンク希望と書いておいて下さい。
怒エロサイト以外は基本的にリンクしますので。
平日の昼間は弁当を買って会社で食べています。
働いている周りはオフィス街なので、ランチも弁当もとても充実しています。

ランチはバカ高いので、食べに行きません。
ランチを食べにいけるのは実家暮らしの人か超絶ハイパーインカムがある人だけだと思います。

ホワイトカラーの底辺にいる私には到底ランチなんて無理。
でも、弁当男子みたく格安で仕上がるマイ弁当なんて作る気もない。
てか、弁当作れない。
作ってくれる人はいつでも募集していますがw


なので、いつも昼休み前にちょこっと席を外して弁当を買いに行きます。


会社の近くに大きな弁当売り場が2箇所あります。


1箇所はビルの地下にある小さな食堂街の弁当。
もう一箇所はとある巨大ビルの地下にある広大な弁当売り場。
前者は弁当のクオリティーが悪く、値段も400円~700円ぐらい。
店舗数も少ないのでここは閉ざされた弁当マーケット。
後者はちょっと会社から距離がありますが、弁当の値段が390円~MAX600円までで、クオリティはかなり高いです。
雨の日はしょうがいないので、前者の弁当を買いに行きますが、よほどの事がない限り後者の弁当を買いに行きます。

この二つの弁当売り場なんて、歩いて2、3分だけの距離しかありませんが、どうして前者の弁当がクオリティが悪くてしかも高いのか。
それはもちろん競争にさらされていないからです。
競争相手の店舗数が少なく、だから店は勝手なぼったり値段を付けてきます。
500円の弁当ですが、後者の390円弁当には値段もクオリティも勝てないのです。

だって後者はたくさん人が来て、たくさんの店があるので、業者はしのぎを削って限界利益ギリギリのラインで勝負してきますから、値段もクオリティもすごいです。
ここの弁当屋はいつも行列ですわ。

でも、雨の日だったり超絶忙しい時は後者の弁当売り場にはいけないので、どうしても前者の弁当を買いに行ってしまいます。
まぁ、500円だから何か文句ある?って言われるとそこまでですが、個人的には前者の弁当売り場はもうちょっと頑張って欲しいと思うんです。
だって、競争相手が少なくて、人もぼちぼち来るんだったら、業者は努力しなくなりますから。
「現状維持でいいや」って思うんでしょうね。

人間もそうだと思います。
周りに競争相手がいなくて、のほほーんとした環境だったら人間はダメになります。
ダメになるって言い方が悪いかもしれませんが、ある一定の努力しかしなくなると思います。

だから、人間は競争環境にさらされている方が良いんです。絶対。
競争して、努力してしのぎを削っていいものを作りだす、いい生活をする。
それが人間の本能だと思います。

よく、平等主義とか言っている方々がいますが、努力することから逃げているとしか思えません。

もし、競争にさらされている事が嫌なのだら、それはそれでいいです。
人間は生き方は自由なんですから。
でも、マーケットの世界、商売の世界だったら絶滅ですわ。

なんか、弁当の話からだいぶ逸れましたが、言いたい事はもっと競争しよう!って事。そして、よりよい世界、サービスを作って行こうじゃないですか。

そんな事を思った日曜日でした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




web拍手 by FC2

« 味噌や 神保町|Top|雨の土曜日@神保町のカフェ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jawithjas.blog18.fc2.com/tb.php/1058-045a8f5b

Top

HOME

DM

  • Author:DM
  • 社会人6年生。
    働きながらバンドをやってます。
    生きた日々の軌跡です。

ボルドーの旅行情報
ボルドーの旅行情報>

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。