KEEP LEFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流

一流という言葉がある。
一流大学、一流企業とかではない。

人間として一流でもない。

一流と言っても、どこからが一流でどこからが一流ではないかははっきり言えない。


でも最近思う。

生活をだらけてると勉強も自然にだらける。
だらけるとだらしなくなる。
だらしないと、格好に表れる。

言いすぎかもしれないけど、人間見た目は大切。

話がずれた。


俺が言いたいのは、一流と言われる人間を見てみると、みんな毎日全力で生きている。

サッカーの中田は毎日サッカーの練習を全力でやる。
その日のありったけの体力を練習に注ぐ。

だから彼は一流になれた。
たとえチームが弱くても。

今W杯でMVPのジダンもサッカーはもちろん一流。
サッカー以外でも孤児などに大きなお金を募金をしている。
立派なボランティア活動だ。

勝新太郎は遊びに徹底的だった。
借金を作ってまで遊びに徹した。
もちろん本業でも一流だ。


簡単にだが、ざっと有名人3人を例にあげた。

この3人の共通点を見てみると、3人とも全てに「全力を注いでる」。
仕事にも、生活にも、遊びにでもだ。

やること全てに全力を注ぎ、毎日生きている。
その積み重ねが今に生きている。そしてこれからにもだ。

だから一流なんだ。


藤原正彦は数学者は「ひらめき」だという。
ただ数学が得意だけではいけない。

絵、音楽などを楽しんでいると突然公式などがひらめくらしい。

別に数学じゃなくてもいい。

世の中必死で英語を身につけようと必死になっている人たちがいる。
だが、みんな英語を覚えるのに必死で、基本的な教養を身につけてない。

だから英語を話せても、中身のない会話になってしまう。
それでは外人に馬鹿にされるだけだ。


また話がずれてしまってけど、俺がいいたいことは、何事にも全力で取り組むことだ。

生活でも一日の時間を大切にし、今日できることは今日中にやる。
「明日はないと思え」精神です。

遊びもそう。全力でやる。極めるまでやる。
競争しても勝つ。
強くても手を抜かない。

学校でもいたと思う。
スポーツができて成績もいいやつ。

そういうやつは一つ一つのことに全力を注ぐ。
だからスポーツで養った根性や集中力を勉強に傾けることができる。


まぁ、ここまでだらだらと書いたが、毎日を全力で生きたいと思う。
一生懸命生きて、勉強も仕事も遊びも全力で取り組みたいと思う。

力は抜かない。
全力だ。



わんクリックお願いします!



こちらもついでにお願いします!

« ゆとり教育|Top|朝まで »

コメント

なんかやる気でてきた!

貴方とは少し、どこか考えが似ている気がします・・・。

ぺー>
頭ではわかってるけど、行動に起こせない歯がゆさがあるんよ~・・・

エリザベス>
コメントありがとうございます。
上の目指す気持ちは常に持っていたいですね。

何か一つに打ち込んでしまうと、別のものが見えなくなりがちだよね。
社会人になってから、配分に苦労しているよ。
全て全力でやりたいなとは思うんだけど。


お金があると時間がなくて、時間があるとお金が無い。
これだけが回避しがたい問題なんだよね(苦笑)

さとみ>
配分ね。
大変そう。
まぁ、ひとつの事に全力を注げるように頑張るけど。

じゃあ、今は時間がなくて、お金があるってこと??
飲みおごってーー!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jawithjas.blog18.fc2.com/tb.php/282-bc37d805

Top

HOME

DM

  • Author:DM
  • 社会人6年生。
    働きながらバンドをやってます。
    生きた日々の軌跡です。

ボルドーの旅行情報
ボルドーの旅行情報>

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。