KEEP LEFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの

更新です。
昨日日本に帰ってきました。
んで今日から東京に。
忙しい!

東京から帰ってきたらゆっくりと旅の写真でもアップしていきます。

とりあえず、mixiと同じ内容だけど。

今回の旅の目的は「遺跡巡り」。
カンボジアのアンコールワット、タイのアユタヤ、インドネシアのボロブドゥール。この3つの遺跡と最後にバリ島でリゾートという詰め詰めの14日間。

1日目:2月24日、11時の飛行機でタイのバンコクへ。
15時にバンコク着。空港で時間をつぶし、19時の飛行機でカンボジアのシェムリアップへ。
空港で宿泊するタケオゲストハウスのバイクタクシーに送迎。こいつら遅刻。
バイクだから砂ぼこりを激しく浴びる。
20分ぐらいでタケオ着。
日本人だらけで、カンボジアに来た感覚なしw
とりあえず、翌日のトゥクトゥクを手配。


2日目:朝9時出発。トゥクトゥクでアンコール遺跡群へ。40$の3日入場券を購入。
回った順路はアンコールトム→タ・ケウ→タ・プローム→バンテアイ・クディ→スラ・スラン→アンコールワット。
これだけ回るのに丸1日。激しい暑さにより、コーラは6本以上消費。プラス水1ℓ。半端なく汗がでた。
アンコールワットの大きさと壮大さにびびる。
夜、一緒のゲストハウスに泊まっていたゆっきーとゆうき君と仲良くなり、翌日シェムリ郊外のベンメリア行き決定。そんで人数が集まれば集まるほど安くなるので、ベンメリア行きの募集張り紙を作成。
B島くんは酒を飲みすぎ、潰れる。


3日目:4時半起き。アンコールの朝日を見に出発。B島くんは二日酔いでダウン。
朝から三脚を立てて、気合入ってたのに曇り。朝日拝めず。曇り男の本領発揮。
宿に戻り、8時にクバール・スピアン、バンデアイ・スレイ、ベンメリアへのツアー出発。人数は8人集まり、一人9$で済みました。
道はガタガタやし、暑いし、山登るし、結構ハードでした。
しかし、ベンメリアは最高でした。今回の旅で見た遺跡でダントツのNo1です。ほとんど修復されてなくて、もう木やら草やら生え放題。そんで壁やら天井に上り放題。壁やらが崩れかけで危険度◎でしたけどw
あ、昼食時にB島くん、二日酔いでリバース。
そんでツアーに参加した一人でカンボジアに来てたのりちゃんと仲良くなり、夜は4人+現地人リチャードと晩餐。
B島くんは昨夜の反省で酒を飲まず。


4日目:のりちゃんが一人だったので、一緒にアンコール遺跡群ツアーへ。
しょっぱなからトゥクトゥクの運転手に変な湖に連れてかれ、ボードに乗れと強要されたが、頑なに拒否。そしたら機嫌が悪くなる。こっちもムカツイたんで、湖までの料金を請求されたが、払わないでやった!
日本人なめすぎ。うんこが。
とりあえず、アンコールに戻りニャック・ホアン→クオル・コー→タ・ソム→東メボンへ。
もう毎日石だらけで、正直飽きがきてたけど・・・w
夜、現地人のゲストハウススタッフシンインとカンボジア鍋を食べに行った。パクチーまみれでちょっとつらかったけど、それ以外はおいしかった!


5日目:朝8時にのりちゃんとタケオに別れを告げ、タイのカオサン行きのバスへ。カンボジア側の道路はまったく舗装されてなく、凸凹の泥道を激しく揺られながら6時間。
しかも超狭い席に窓を開けると砂ほこり。そんで冷房というよりかは送風のみ。エコノミー症候群ってレベルじゃなかったw
もう二度と乗りたくないねw
タイ入国後、超快適なバスでバンコクのカオサンへ。6時間ぐらい。
そんで夜の8時ぐらいに着。3軒ぐらいゲストハウスを回って、一泊490バーツの宿に決める。超快適。
ゆっきーたちを探しにカオサンをうろうろしていたが、会えず。どこにいたんやろう??


6日目:3月1日、電車でアユタヤへ。アユタヤについてバイクをレンタルしたが、無免のため捕まる。あるき方に免許のこと書いてなかったからさ・・・。そしてレンタル屋のおばちゃんも免許いらんみたいな事いってたから・・・
まぁ、警察に許しをもらって、バイクからチャリへチェンジ。アユタヤの町を爆走してやった。
しかし、終盤に自転車のタイヤがパンクしえらい目にあった。
ポリスに捕まるわ、タイヤパンクするわで、俺は最悪にツイてなかったですw
あまりの運の悪さにレンタル屋のおばちゃんに爆笑され、励ましの言葉を掛けられたw
そして激しく日焼けした・・・
ワット・マハータート→ワット・ラーチャプラナ→ワット・プラ・シー・サンペット→ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット→ワット・ロカヤスタを回った。


7日目:バンコクの空港からインドネシアのジャカルタに行く予定が、B島くんの緊急帰国。
そして、俺はひとりインドネシアジャカルタへ・・・
ジャカルタについて、当初予定していたジョグジャカルタへの航空券が買えずかなり焦った。
ジャカルタには泊まりたくないし、ジャグジャカルタに行ってもそこから出れる航空券を買える見込みがなかったから、もう予定を変更してスタンバイチケットで一気にバリ島へ。
このときは一人の寂しさと、不親切なジャカルタの空港、そしてスタッフ、そのせいでかなり精神的に疲れた。
夕方にバリのクタについて、確実に行って帰ってこれるボロブドゥール寺院への日帰りツアーなどを予約し、バリでの予定をきっちり決めた。
これで一安心した。


8日目:3月3日、ウブドへ移動。バスの中で日本人バックパッカーの人と情報交換して、安宿情報を得る。
一泊400円ぐらいの宿に決めて、チャリを借りてウブドを爆走。ブナタラン・サン寺院→ゴア・ガジャを見物。
ウブドは最高に居心地がよかった。山があって、田んぼがあって、川があって、緑豊かで、絵描きが多いわ、楽団が多いわでなんか芸術するのには最高なところだと思った。
しかしウブドの夜と朝が寒く、水シャワーは激しくつらかった。朝鼻水とまらんかったし。ここから最終日前まで水シャワー地獄を味わうことに。そしてブマキラー先生を焚いていたのに、全身蚊やらなんやらに刺されまくる日々が続いた。
貧乏旅行もひとつの目的だったからねw


9日目:当初から予定していたラフティングを一人で強行。ノリが悪いオージー3人組みと一緒に乗り合わせた。こいつらが鈍くさくて、一人が川に落ちたし。マジありえんw
そんでこいつら、全然オールを漕がないからガイドの人が途中から切れ気味やったしw
まぁ、最後3メートルぐらいのダムを降下するのは激しくおもろかった!
夜、安食堂で日本人のよっしー(ワーホリ帰り)と友達になり、久しぶりにちゃんとしゃべった。しゃべり倒したw
んで宿に戻り、20日ぐらいその宿に沈没していたフィンランド人のヒッピーみたいな女の人に、今まで撮った写真を見せ、2時間ぐらい語ってやったし。
その人は絵描きみたくて、ウブドに勉強のため?滞在しているらしい。でも「I'm part time woker」って言ってたから、まだまだなんだろうw


10日目:昨夜知り合ったよっしーと一緒にクタに帰り、同じ宿にチェックイン。また水シャワー。400円、朝食つき。
この日はめっちゃ晴れて、クタのビーチを散歩。でも俺はウブドの寒さと水シャワーにやられ、宿に戻り薬を飲んで休息。夕方には回復。
夜、あるき方に乗っているシーフード屋台っていうのが気になって、二人でタクシーに乗ってジンバランへ。しかし俺らが想像していた格安なシーフード屋台ではなく、高級シーフードレストラン街やった!!
夜も遅かったし、周りは真っ暗+激しいスコールのため、俺らは腹をくくってレストランへ。もう吹っ切れて、ロブスターやら海老やらを食いまくってやった!むちゃくちゃうまかったし!!
それでも値段は日本円で3千円ぐらい。日本とかでくったら確実に1万は超える料理だったわ。
ちなみに俺は毎日一食300円ぐらい(ビール代込)ですごしていたから、このシーフード料理はナシゴレン30食分やったw
かなり贅沢をしたよw
次の日によっしーが帰国のため、クタに戻って飲みに。俺が次の日ジョグジャカルタツアーだったので、今日でお別れ。


11日目:朝6時の飛行機でジョグジャカルタへ。ツアーでボロブドゥールとプランバナン両方の世界遺産に行けるというお得なもの。
このときなんてツアーは楽なんだろうって思った!日本語ガイド付きやし、常にエアコンが効いた車で移動やし。
まぁ、アンコールやアユタヤみたいに「自分の力で来てやった!」感があんまりなく、遺跡の壮大さには感激したけど、なんかイマイチ達成感がなかった。
長いツアーなんで、途中色々とぼったくり店に連れてかれた。特に面白かったのは、シルバーとかのアクセやらを売っている店の中に、日本の天皇が店を訪問したうさんくさい写真にはバロスだったw
そんで帰りの飛行機が天候不良のため2時間遅れ。ジャカルタから来た客を降ろして、すぐい俺らを搭乗させ、デンパサールに向かうというインドネシア国内線の恐ろしくハードなスケジュールを体験したw
そりゃ翌日のガルーダも墜落するわ。マジ怖いし。


12日目:最終日一日前。ホットシャワーエアコン付の宿に移動し、久しぶりの快適生活に。本当に快適だった。日本円で1500円ぐらいの宿だけどw
もう予定は残すところ夕日が美しいというタナロット寺院だけ。
車をチャータして4時ぐらいに出発。
しかし天気は曇り。
アンコールの朝日と同じ。曇り男です。夕日を拝めず。そして何故か中国人しかいなかった。


13日目:予定がなかったので朝はゆっくり起床。朝食をゆっくりとり、おみやげのTシャツあさりに。むちゃくちゃ値引いてやったw店員の兄ちゃんかなり機嫌が悪くなりワロスw
夕方5時のバンコク経由の飛行機に乗る。バリを旅して、次にプーケットに行く日本人森田くんと出会う。リゾート→リゾートという珍しい人でした。
そんでバンコクから関空の飛行機のなかでも隣に座って秦ちゃんとも仲良くなり、一晩中写真のスライドを見せ、語りまくった。
おかげで寝不足。


14日目:朝関空着。寝不足のせいで何もかもがどうでもよくなり、特急はるかで帰京。そのあとタクシーを使ってやった。
そんで少しの睡眠後、ブッシュ氏学校に成績をとりに行った。無事卒業できたみたいでよかったです。成績は悪かったけど・・・


なんか全然簡潔にまとまってないけど、この14日間とても充実していた。
楽しいこともあれば、悲しいこともあり、時には怒り、毎日が激しかった。
遺跡巡りという目的も達成できたし、何より人との出会いが一番よかった。
色んな人と出会えて、様々な価値観に触れられたことが何よりの思い出で、一生の宝です。
もうこんな長い期間旅するっということも出来なくなるかもしれないが、またいつか旅に出たいな。

旅の写真は外のブログでもちょくちょく上げていきます。
ゆっくりと更新するし。

終わり。



ランキング下降気味なのでわんクリックよろ!



こっちもよろしく!!

« 暇だけど|Top|きっちり »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jawithjas.blog18.fc2.com/tb.php/439-7268711c

Top

HOME

DM

  • Author:DM
  • 社会人6年生。
    働きながらバンドをやってます。
    生きた日々の軌跡です。

ボルドーの旅行情報
ボルドーの旅行情報>

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。